自宅で簡単!耳垢チェックでこっそりワキガ体質を見極めよう!

ワキガは自身の体臭の一部でもあるためになかなか気づきにくいものです。
また、自覚していても自身のワキガレベルがどの程度なのかまでを把握するのは難しいですよね。

 

ワキガの簡単なレベルチェック方法には耳垢のタイプを見ることが有効的です。

 

また、そのほかにも分かりやすいチェック方法があるので紹介していきます。

 

耳垢は湿っている?乾いてる?状態でワキガを判断できる?

ワキガは皮脂やたんぱく質を含むアポクリン汗腺による汗が雑菌繁殖をもたらすことが原因になります。
そのためアポクリン汗腺の発汗が盛んな方は必然的にワキガ体質となりやすいです。

 

アポクリン汗腺の分泌量は耳垢をチェックすることで、ある程度判断することができます。
耳垢は古い角質や外からのごみや毛のほかに、耳垢腺から分泌される脂肪やたんぱく質から成っています。
そんな耳垢は人によって「湿っている」「乾燥している」とタイプが違います。

 

耳内にはアポクリン汗腺があるために、分泌が盛んな方は「湿った耳垢」となります。
耳内のアポクリン汗腺の分泌が盛んな方は脇下のアポクリン汗腺も分泌盛んであるので、ワキガ体質と判断することができます。

 

耳垢でワキガレベルチェック

耳垢を確認する際は綿棒を使用するのがおすすめです。

 

やり方は簡単に綿棒で耳掃除をしてみてください。
軽く耳内を擦って、少し綿棒が黄色く湿る程度であれば軽〜中度のワキガ体質でしょう。

 

一方、キャラメル状の茶色い耳垢が綿棒にしっかりと付いた方は重度のワキガ体質の可能性が高いです。
お風呂上りや汗をたくさんかいた運動後に耳垢チェックをすると、お湯や汗で耳垢が湿っている可能性が高いので避けましょう。

 

また、耳垢が湿っているからと言って必ずワキガのにおいがキツイとは限りません。
多汗体質で体臭の少ない方もいますので、あくまで判断材料の一つとして理解しておきましょう。

 

ワキガは遺伝する

ワキガは遺伝による影響も大きい問題です。
一般的に両親のどちらかがワキガ体質の場合、自身もワキガである確率は50%。

 

両親どちらもワキガ体質の場合は、80%の確率となります。
また、祖母や祖父などの体質を隔世遺伝する可能性もあるので、近い親族から体質を確認してみるのも参考になるでしょう。

 

汗ジミが黄色い人も要注意!

白いシャツなどを着ていると汗ジミが黄色く目立つことがあります。
黄色くなる理由は汗に色素を含む栄養分が含まれていることが主な原因です。

 

黄ばみやすい方でワキガレベルをチェックするには黄ばみの境目を見ることがポイントです。
汗ジミ黄ばみがある方でも境目がわからない程度であれば、ワキガレベルも低いと考えられます。
一方で黄ばみが強く境目もはっきりとしている方は重度のワキガ体質の可能性が高くなります。

 

スソワキガの可能性も考えておく必要あり?!

スソワキガはデリケートゾーンのワキガです。
デリケートゾーンにもアポクリン汗腺が多いため、においが強くなる傾向にあります。

 

スソワキガが気になっている方、下着が黄ばみやすい方はワキガの可能性も高いです。

 

ワキガと誤解されがちなにおい

上記でワキガのチェック方法を紹介しましたが、ワキガではなくても誤解されがちな体質についても紹介します。
まず、体臭が強いからと言って100%ワキガであるとは言い切れません。

 

汗をたくさんかいた後や足のにおいなどの酸っぱいにおいは、アポクリン汗腺が原因というよりエクリン汗腺がにおいの元である可能性もあります。
ワキガのにおいは「鉛筆の芯、たまねぎ、雑巾、腐ったチーズ」など様々に例えられますが、単なる汗臭さとは違った独特なにおいの違いがあります。

 

日本人はワキガ体質が少ない

日本人はもともとワキガ体質になりにくい人種です。
また、清潔好きでにおいに敏感な傾向にあるのでワキガ体質の方は肩身の狭い思いをしているのではないでしょうか。

 

しかし、欧米圏では8割の方はワキガ体質と言われています。
上記のワキガチェックで軽度レベルと判断できるのなら必要にそこまで過敏になる必要はないでしょう。